為替初心者でもわかるように、本当の超基礎から解説しています。↑URLはエフエフエフエックスドットネット!

為替 超入門 > 神聖なるFX業者の選び方 > スワップ運用をやりたい場合

神聖なるFX業者の選び方

スワップ運用をやりたい場合


スワップ運用をやりたい場合は、
業者選択基準に大きく次の3点を考慮します。


 手数料の安さよりもスワップの高さを重視する
特に初心者の場合で、多数の通貨ペアを同時に保有するというようなことを、
考えていない場合は、手数料の安さよりもスワップの高さを重視します。

たとえば特定の通貨ペアを取引したい!と考えている場合、
その通貨ペアのスワップが高い業者を選びます。

脱初心者レベルや中級者レベルだと、
複数の通貨ペアを保有し、為替変動をヘッジしたりするので、
取扱通貨ペア数の多い業者が有利になる場合がありますが、
初めてFXをする場合、あまりそういったことは考えず、
単独通貨のスワップの高さを重視します。

スワップ運用をやる場合は、当然長期的に保有することになりますので、
手数料よりもスワップが高いかどうか?の方が後々効いて来ます。


 信頼性があり、信託保全を実施しているか?
これは当サイトでも書いていますが、
絶対条件ですので、必ず信託保全を実施しているところを使うようにしてください。

JNSのようにFXをやっている人なら誰もが知っているような、
有名な業者でも、何らかの原因によって突然廃業・倒産することも、
ありえる話です。

これは初心者にはピンとこないかもしれませんが、
カントリーリスクを気にするのと同じくらい気にする必要があると言えます。


 複利運用ができるかどうか?
これは巨額を運用する人に、特に影響してきます。

「FXの複利運用について」では、FXで複利運用をやる場合について説明しましたが、
これは全ての業者で複利運用ができるわけではありません。

複利運用ができない業者もありますので、自分がある程度大きな額、
(スワップ益を証拠金にして、
新たにポジションがもてるくらい多くの金利が付与されるような大きな運用額)
を運用する場合は複利運用ができるかどうか?というのは重要です。

「複利運用できる業者」というのは、
「ついたスワップ金利を再投資できる業者」ということを意味します。

これは「決済しなくてもスワップポイントが口座残高に反映される業者」
ということになります。

また察しのいい人は気付いたかもしれませんが、
上記の理屈からすると、
1000通貨からの取扱いをしている業者なら、
それほど巨額を運用しなくても、買い増し単位が1000通貨なので、
複利運用がしやすいということになります。

こういった業者もメリットがあると思います。


少し長くなりましたが、以上のような点を踏まえて、
為替バカなりに、FX初心者がスワップ運用をやる場合に、
おすすめな業者を以下にピックアップしてみました。

順位 業者名 おすすめ度
















R
O









資料請求
1位 外為どっとコム [詳細] × 0.3銭 資料請求
2位 SBI FXトレード [詳細] × 0.27銭 資料請求
3位 GMOクリック証券 [詳細] × 0.3銭 資料請求
4位 外貨ex [詳細] × 0.3銭 資料請求
*スワップ新規・・・決済をせずにスワップ益で新規ポジション建て可能かどうか。つまり複利運用が可能かどうか。
*スワップ出金・・・決済をせずにスワップ益を出金できるかどうか。
*値洗い型RO・・・値洗い型ロールオーバーを採用しているかどうか。つまり毎日損益が清算されるかどうか。
*入金無しログイン・・・入金しなくてもログインできるかどうか。
*抜け幅は米ドル/円1万通貨の手数料を元に計算しています。安い方が手数料が安いと思ってください。
*おすすめ度は為替バカが上記すべての業者に口座開設した上で判断しています。
*このページのおすすめ度はFX初心者がスワップ運用をする場合のおすすめ度になります。
*おすすめ度は今後、サービスや手数料が変わることによって、変わる可能性があります。



おすすめは1000通貨からの取扱いがあり、
かつ手数料が安くスワップが高い外為どっとコムです。

資金がある程度あって、
複利運用時の買い増しが1万通貨単位でもいいのであれば、
GMOクリック証券もおすすめです。

上記は全てスワップが他の業者に比べて高いところばかりです。

特に高いのはSBI FXトレードになるでしょう。


「外為どっとコムの資料請求」へ進む→
「SBI FXトレードの資料請求」へ進む→
「GMOクリック証券の資料請求」へ進む→
「YJFX!の資料請求」へ進む→

「為替バカ一押しのFX業者は、、」へ進む→

実践編
「神聖なるFX業者の選び方」TOPへ戻る