為替初心者でもわかるように、本当の超基礎から解説しています。↑URLはエフエフエフエックスドットネット!

為替 超入門 > 神聖なるFX業者の選び方 > FXトレード・フィナンシャル

神聖なるFX業者の選び方

FXトレード・フィナンシャル

FXトレードフィナンシャル
おすすめ度
他の業者とおすすめ度を比較する場合はこちら
 取扱通貨ペア数が多く、取引コストの安い業者
取扱通貨ペア数が38で、
米ドル/香港ドルやシンガポールドル/円など、
マイナーな通貨ペアも取り扱っている業者です。

しかも、取引コストが安いという、
コストパフォーマンスの優れた業者です。

南アフリカランド/円のスプレッド3銭(抜け幅3銭)は、
非常に安いです。

口座開設は免許書をメールまたはファックスで送付できるなら、
わずか10分で完了してしまいます!


 基本情報 他の業者とキャッシュバックキャンペーンを比較する場合はこちら
会社名 株式会社FXトレードフィナンシャル
サービス名 FXトレードフィナンシャル
キャンペーン
口座維持手数料 無料
口座開設手数料 無料
入金無しログイン
備考 ・取引をしない限り、料金は一切発生しません。
*キャンペーン・・・FX初心者でも実現可能性の高い方法・金額を記載しています。
*入金無しログイン・・・入金しなくてもログインできるかどうか。



 安心基準
評価 備考
金融庁に登録されているか? 登録されています。
絶対に勧誘しないか? 為替バカが口座開設して以来、一度も勧誘されたことはありません。
信託保全しているか? DB信託株式会社にて信託保全されています。
自己資本規制比率は高いか? 2017年3月末時点で401.5%です。
ネット取引ができるか? ネット取引がメインの業者です。


 手数料 他の業者と手数料を比較する場合はこちら
片道売買手数料 スプレッド 抜け幅 最低取扱
通貨単位
1,000通貨 1万通貨 米ドル/円 NZドル/円 南ア/円 米ドル/円 NZドル/円 南ア/円
1,000通貨 1万通貨
0円 0.3銭 2.4銭 5銭 - 0.3銭 2.4銭 5銭 1万通貨
*NZドル/円、南ア/円の抜け幅は1万通貨の手数料を元に計算しています。


 証拠金 他の業者と証拠金を比較する場合はこちら
初回最低
入金額
必要証拠金額
(米ドル/円:1万通貨)
レバレッジ マージンコール ロスカット
無料 48120円 25倍 なし 50%
*マージンコール、ロスカットは必要証拠金額に対する比率になります。
  例:必要証拠金10万、ロスカット20%の場合は証拠金が2万以下になると決済されます。
*レバレッジ、証拠金は米ドル/円=100円で計算しています。
*ロスカットについては業者サイトと値が異なる場合がありますが、当サイトではこの表記で統一しています。


 取扱通貨 他の業者と取扱通貨を比較する場合はこちら
USD/JPY EUR/JPY EUR/USD EUR/GBP GBP/USD AUD/JPY
NZD/JPY GBP/JPY GBP/CHF USD/CAD CAD/JPY HKD/JPY
CHF/JPY ZAR/JPY TRY/JPY USD/HKD MXN/JPY USD/MXN
× ×
*通貨コードがわからない場合は、「通貨コードについて」を参照して下さい!

取扱通貨ペア数 31


 スワップポイント 他の業者とスワップポイントを比較する場合はこちら
通貨 買いスワップ 売りスワップ
米ドル/円 33 -36
ユーロ/円 -11 8
豪ドル/円 35 -38
NZドル/円 33 -38
英ポンド/円 16 -19
南アランド/円 11 -19
トルコリラ/円 79 -86
*スワップポイントは2016年3月23日時点の情報です。

 スワップ関連
未決済のままスワップ益で新規ポジション建て出来るか?
未決済のままスワップ益のみ出金できるか?[]
値洗い型ロールオーバーを採用しているか?[]
*値洗い型ロールオーバーを採用している業者は、毎日のロールオーバーで損益が清算され、建て値が変わります。

 注文方法
逆指値 IFD注文 OCO注文 IFO注文 トレール注文 2WAY


 対応スマートフォン/対応モバイル(携帯電話)
iPhone Android iモード EZweb Yahoo!ケータイ

*このページの情報は2016年9月6日時点のものです。


 為替バカの一口メモ
取引コストが安く、かつ取扱通貨ペア数の多い、
数少ない業者です。

米ドル/円の取引コスト1銭は、
相場環境によっても1銭以上になることもありますが、
NZドル/円の2銭や、
南アフリカランド/円の3銭はかなりタイトスプレッドだと思います。

いろんな通貨ペアがあったほうがポートフォリオも組みやすいですし、
短期売買をやるにしても、確実にチャンスが増えることになりますから、
メリットがあります。

レバレッジに関しては、米ドル/円で5000円からとなりますが、
ポンド/円であっても5000円となるので、
最高レバレッジは200倍以上ということになります。

入金をしなくてもログインはできますが、
チャートが米ドル/円の場合だと2002年までしか見れないので、
もう少し昔のデータも見たい気もします。
(SAXO系の場合1984年までさかのぼることが可能です。)

ポンド/円、ユーロ/円に至っては、
2005年までのデータしか見ることができませんので、
長期的なトレンドを見たい人にとっては、
少しネックとなってくると思います。

短期売買をしたい人にはおすすめです。

「FXトレードフィナンシャルの資料請求」へ進む→

FX業者徹底解説
「神聖なるFX業者の選び方」TOPへ戻る